my dream

world journey & guest house

私がスタバで働く13の理由

f:id:n___1_2_3:20170125122848j:plain

過去記事でもさらっと、今まで沢山のバイトをしてきたことを書いたのですが、
わたし今の職場が大好きなんです。ふと「なんでだろう?」って思ったので、私がスタバで働く理由挙げてみました。


「私」であることが活きる

ドリンクは皆同じ質で作ることが前提ですが、お客様とのお話やかかわり方に自由度があります。スーパーなどの商品販売のレジでは普通、会計して「ありがとうございました。」で終わって、それ以上って求められないですよね。つまり、会計さえしてくれれば、誰でもいいんですよね。ウエイターとかもも料理運んでくれれば誰でもいいんですよね。人間はロボットじゃないのに。そこが人として認識されるかどうかって、心通わせる一言があるかどうかだと思うんです。「いつもありがとうございます。」「今日は元気ないですね。」って、話す、関わる。「スタバの店員さん」として、かつ「わたし」として、お客様と親しくなれるのがいいなあと思います。そのつながりで、朝や夜の一言で、誰かの生活に活力を与えられたら素敵だなって思うんです。それはスタバが大事にしていることの1つでもあります。

賞賛の文化がある

一緒に働いていて、すてきな、お客様が大切にされていると感じられるような接客をしていた人には、そのことを伝える専用のカードにメッセージを書いて、互いに称賛する文化があります。ありがとうっていいあえて、互いの頑張りを認め合ってより良いサービスを目指していこうっていうスタバの文化、大好きです。

美しくいられる

芸能人で最初からきれいな人ってなかなかいないと思います。顔立ちはきれいでも、最初は田舎っぽかったり。(笑)きっと芸能界で磨かれていくんですよね。それと同じで、スタバのきれいなお姉さん方と一緒にいると、自然ときれいになれる気がしてます。お客さんもきれいな方からドリンク渡されたほうが嬉しいと思うし、緑のエプロンは三割増しといわれてますし。(笑)きれいでいようって思えるんですよね。

コーヒーに詳しくなれる

スタバで働くまで、スタバではフラペチーノしか飲んだことがなかったし、家で飲むコーヒーはお砂糖やミルクを必ず入れてました。ブラックでなんて飲まなかったし、コーヒーの味なんて苦いだけで全部一緒だと思ってました。でも産地や加工法によって味に特徴があったり相性のいい食べ物と一緒に食べるとコーヒーも食事もより一層おいしく感じられるということを知りました。しかし、まだまだ知らないこともたくさんあるので知っていきたいところですが、確実にコーヒーに詳しくなれます。

自分の作ったものを自分で提供できる

ファミレスなどの飲食店は、フロアとキッチンが別です。私はファミレスで働いたことがありますが、料理提供のスピードや効率を求められて流れ作業になり、自分が作っているものがお客様の食事なのかなんなのかはそんなに重要じゃなくて考えないことって多くなって。でもスタバはお客さんの目の前で、ドリンクを作って提供もできて、喜んでいる姿を見ることができる。ここの作成と提供の両方ができることってやりがいにつながると思うんです。

福利厚生がしっかりしている

バイトやパートでも必要であれば社会保険に入ることができます。休憩中に好きなドリンクを飲むことができます。スタバが大好きな人にはすごいいい制度だと思います!

研修期間がある

やってみなきゃわかんないってことで研修がなくいきなり現場の仕事もザラです。むしろそのほうが大半を占めると思います。研修でいうと、コンビニで働いたこともあり、コンビニの研修も受けたことがあります。レジトレーニングですね、3日間ほどありました。時給は出ませんでしたが、時間を割いていただいて教えて頂いているので当たり前だと思っていました。スタバの場合はバリスタになるまでに担当の方を決めてマンツーマンでたっぷり研修期間が設けられてます。その分覚えることもたくさんですが!私は1か月ほどかけて沢山学ばせていただきました。そもそも一人作ってことがすごいありがたいと思うし、その間のお給料もいただけることも、会社の一員として大切にされてるってかんじられて幸せだなあと思うんです。

学生でも時間帯責任者になれる

これがスタバでの仕事経験がある人が、就活に強い理由かもしれません。学生でも社会人のように働いたり、努力さえすればバイトだからこの程度だけやっといてくれってことがないですし、認めてどんどん仕事を任せてもらえます。ただお金が欲しいだけだったらどんな仕事でもいいと思うんですけど、仕事にお金以上の価値を見出してなにかしたいとか、上昇志向のある人にはオススメのバイトかなって思います。私は仕事覚えるとだいたいが半年で飽きちゃうんですけど(笑)なにより飽きない、もっともっと高みを目指せるのがいいなあって思います。

統一された理念がある

個人経営や一人が偉そうにしてる職場だと、ワンマンでそもそも企業の軸も無くブレブレで、その場その場で言う人も言うことも違うけど、その人が言うことが絶対!なんてことはザラにあります。納得いかないし意味わかんないし混乱しました。店長のワンマンでなく、会社の創業者や理念を全員がリスペクトしていて皆でお店を作っていくことができる。マニュアルがあるからポジションによってやるべき仕事と求められることが明確にわかって、お店がうまく回っていく。居心地がいいなあって思います。

社員さんに信頼される

私、以前の勤め先の社員さんに「君たちのことは信頼してないから任せられない」って言われたことがあるんですね。そんな職場やってらんねってやめたんですけど。(笑)あ、もう一つ、お客さんの前でも平気でどなり散らす、注意する社員さんとかも過去にはいたなって思い出しました。(遠い目)が、今の職場の人はそんな人はいなくて、きちんと話せばわかってもらえるし、普段から見守ってくれているという安心感もあるから誠実に向き合おうって思うんです。

自分に合わせた働き方ができる

私は夜サークルに行きたかったのと、朝働くのが好きで、コンビニやファミレスの朝勤を沢山してきたんですが、スタバでもそれができます。夜家庭がある人は日中に働き、昼学校の人は夜働く。シフトは固定ではなく週ごとにリクエストを出すので、固定の曜日に用事が入った時に代わりを探さなくていいのもありがたいなって思います。

毎月同じ日にお給料を貰える

これは当たり前じゃない?って思った人もいると思います。(笑)でも個人経営だったり手渡しのお店だと給料日にお給料をもらえないこと、10時以降時給割り増しがないこと、お店によってはあります。そんな経験があるので、給料日にお給料を貰えることが大半かもしれないけど、当たり前じゃなくてありがたいことだなと思います。

お店がきれい

これも当たり前のことかもしれませんが、掃除をしない店は全然しませんし、掃除をするにしても同じ場所を毎日掃除するだけです。大学生になってバイトが解禁されて働いて初めて飲食店の裏側を見ることができて、「あーこんな(想像よりも汚い)状態で料理作ってるんだなあ」って思ったのを今でも覚えてます。(笑)スタバは勿論閉店後に毎日掃除して清潔に保たれていて、それに加えて普段掃除できないようなところも週1で掃除するように組まれています。衛生検査もあります、手洗いも勿論必ず必須です。私は掃除が大好きで汚いのが大嫌いなのでお店がきれいってすごい重要です。


f:id:n___1_2_3:20170125114243j:plain

最後まで読んでいただいてありがとうございます。後半は過去のバイトに比べて、どれだけ素敵な恵まれた環境か、って文章になってしまいました。(笑)皆さんもお近くのスターバックスで働いてみてはいかがですか?